« 炭水化物を抜いたら | トップページ | 借金と私の切ない現状 »

小僧寿しのリストラ

短絡的にリストラを押し進める企業がいるなか、リストラをしなくても売り上げを上げれば問題は解決できるとした小僧寿しの経営者が大きな赤字をたたき出した。

戦略とは大規模な広告費を投入、値下げ路線で戦ったが、結局大幅なリストラをすることに決定したようだ。
しかし、小僧寿しは早期退職者をFCオーナーにすることにより人件費の削減をするので、単なる首切りとは違った様子になるのかもしれない。

早期退職者をFCオーナーにすることは自分の給与を売り上げ次第で変えることができることと、ノウハウをそのまま利用することができることの2つで強みがあるので、リストラの効果がいい方向になることを経営者も従業員も願ってることだろう。

リストラ対策へようこそ。

« 炭水化物を抜いたら | トップページ | 借金と私の切ない現状 »